www.howtoincreaseparticipation.com
想像できずに思いがけず遭遇してしまうのが事故です。そこでどのように判断した内容が原因となり自動車の保険金の額も相当違ってくる時も想定されますので正確な考えと対応が重要です。予期せぬケースに気が動転してしまったとしたら重要な対応を見逃してしまい、後で己がかなり大きな損を負わされる場合も考えられるので自動車事故に巻き込まれた場面では次に述べる行動するとよいかもしれません。自動車事故を起こした場合に一番初めにする必要があるのは重軽傷者の確認です。自動車事故の後すぐは頭が混乱して虚脱状態になってしまうケースがありなかなか動けないのが当然です。ですから、怪我をした方がいたならば安全な場所へ移動してから処置を施し、救急車を呼ぶ等して人命救助の最優先に努めましょう。119番に連絡する場面では正しい場所を連絡して不確かな場面では周囲の分かり易いデパートや場所名を知らせて事故が発生した場所を特定できるようにします。2番目に警察署に通報し、車の事故があった事、現在の様子を知らせます。救急車とパトカーの到着を待つ内に事故の相手の事を確認します。名前、免許証番号、ナンバープレートの番号、事故の相手の方の保険の会社名と言ったお互いの内容を教えます。特に事故の相手方に違反があったような場合、即刻結論を出そうとするケースが存在しますが事故現場で片付けるのではなく、どのような時であれ警察署や保険屋さんに連絡して、正確に調べてもらう事が必要です。お互いの連絡先を伝えたら他の車のじゃまになることをやめるために障害物を道路から排除します。もし障害となった物が通りかかった人の障害物になっている場合は相手と自分の情報を交換する前にそれを行うことは構いません。そして自らが加盟している車の保険会社に知らせ交通事故を起こしてしまった事を電話します。車での事故から一定の時間内で保険会社に連絡しておかないと車の保険の適用除外となる場合もありますので時間が出来たらすぐに行動することが大切です。可能ならば事故現場の証拠としてデジタルカメラや携帯電話のカメラ等を用いて現場やマイカーの破損の様子が分かる写真をを写します。それは過失のパーセンテージ決定するかなり大きな証拠となりますので、あなたの乗用車や先方の愛車の破損箇所を全て証拠として残しておきます。この際に他の人がいたのなら警察の人や保険会社がやってくるまで事故現場に待ってもらうように頼むのも重要です。