現実に買値は高く

「スプレッド」とは外為は通貨を売買して儲けを狙う投資です。過払い金請求 債務整理

値段はいつも変化しています。

これが為替レートです。

テレビのニュースをみていると、市場のニュースが流れる場合があります。

たとえば、「現在のドル円相場は80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。

これは80円50銭から80円52銭の間で売り買いされているという事を意味するのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを表示しています。

別の表現をすると売買には買値と売値の価格が存在している事を表しています。

売値のことをBID、買値のことをASKと提示している業者も存在しています。

通常は売値のほうが買値よりも安価に設定されています。

現実に買値は高く、売値は安くなっています。

その差分をスプレッドといい、取引業者の収入といわれています。

スプレッドの狭さはFX会社によって違います。

スプレッドは費用になるので小さいFX会社をセレクトするほうが優位です。

ただ、同じFX会社でも状況によってスプレッドの幅は変わります。

通常時は円とドルの組合せでわずか1銭のスプレッドでもマーケットの動きが激しい状況では3銭、4銭になったりします。

そういう訳で、スプレッド幅が狭いのと、変化しないのが大切です。

最近では変わらないスプレッドの狭さを表示する取引会社もいくつも存在しています。

現実にFX取引会社のトレード画面で為替相場を調べなければ判別できないので億劫ですがとても大事な事です。

大事な財産を投じてトレードしますので現実の取引の前に、興味があるFX会社の取引するための口座開設を全部して提示されているスプレッドの狭さを点検しましょう。

同じ外貨でもそのタイミングの相場の条件によってスプレッドの差は変わります。

たいがい、インターバンクマーケットで取引量の多い外貨ではスプレッド幅が小さく、その他の外貨ではスプレッドが大きくなるのが普通です。