そのため次回の支払い

自動車重量税、別称重量税という税金は国産車とか海外の車というような自動車の国や電気自動車、1BOX車というような車体も全て同じで、たとえばホンダやボルボ、等でも変わりなく掛かってくるもののことをいいます。

新車を登録する場合もしくは車検に出す際に納付する税金です。

金額は対象となる自動車の大きさにより定められています。

「自動車重量税」と「自動車税」は完全に異なるものですので、しっかり理解して一緒にしないようにしてください。

「自動車重量税というものはクルマの車重によって」「自動車税という税金はクルマのリッター数で」その額が変わります。

それで引き取り時の扱いも異なりますので注意しなければなりません。

自動車を売却する時には既に支払った車の金額がいくらあってもその金額が返還されるようなことはありません。

一方、自動車税であれば支払い済みの税額を売却額に乗っけてくれるような事例がなくはないですが重量税の場合は上乗せになる事例はあまりないでしょう。

重量税の場合は、いくら支払い済みの額が残存していると言っても自動車の業者にてそれが考慮される場合はほとんどないです。

そのため次回の支払い、つまるところ次の車検まで売るのを少し待ち買い取りをお願いするということがベストでしょう。

車売却の際は考慮していただけないのが重量税ですが一定の条件の事例でしたら返ってくることもあります。

その時は車検の効力が残存している車を廃車にする場合。

要は、廃車申請をした際に残っている車検期間に応じて税金が返金されます。

ただし中古車買い取りの際はその自動車が廃車されるのとは違うので返ってきません。

またクルマの名義変更をしてしまった場合や盗まれた時なども還付してもらうことは不可能です。

自動車重量税が残っている自動車を手放すイコール、つまり車検がまだある自動車です。

そういったことを買取店も考慮しますので自動車重量税が残っていれば少しは買取額が増えると思います。

勿論買取金額は業者により異なりますが車検期間がまだある事実が忖度されれば、手放す自動車の売却額からみるとそれほど割に合わないということもありません。